お祝い用の電報-おすすめの電報会社比較

Home > 電報の豆知識 > 披露宴に出席できない場合は祝電を送ろう

披露宴に出席できない場合は祝電を送ろう

披露宴に招待されたら何が何でも出席したいところですが、どうしても都合がつけられないときもあるでしょう。
その場合、出席できないから何もしないと言うのではいけません。
お祝いの品やご祝儀を贈るようにしたいです。
さらに、祝電でお祝いの気持ちを伝えるのもいいでしょう。
祝電は電話で申し込むのが普通でしたが、今ではインターネットからも申し込むことができます。
最近の祝電は、昔と比べてバリエーションがかなり豊富になりました。
当然ながら、値段もさまざまです。
メッセージをどうするかに悩む人が多いですが、定型文があるので悩む必要はありません。
しかし、なるべくなら自分で考えたオリジナルのメッセージを送るようにしたいです。
自分で考える場合は、あまり長くならないように気をつけましょう。
簡潔にまとめることがポイントになります。



祝電はマナーを守って送りましょう

お祝いの気持ちを込めて送る祝電は、マナーを守って送ることが大切です。
特に結婚式は人生の中で大きなお祝い事なので、失礼のないように送りましょう。
まず、はじめに確認しなくてはいけないのは披露宴の会場と日程です。
決して遅れて届くことがないように、早めに手配をしておきましょう。
ちなみに、午前中に披露宴が行われる場合は、前日に式場へ届くようにしましょう。
また、祝電を送るときは、メッセージも慎重に考えなくてはいけません。
人生最大のお祝い事に失礼のないよう、メッセージには縁起の悪い言葉を入れないように気をつけましょう。
ちなみに、電報はインターネットを活用すれば、24時間いつでも好きなときに申し込むことが可能です。
どうしても気の利いたメッセージが浮かばないときは、結婚祝いの文例も豊富に掲載されていますので、参考にしてみるとよいでしょう。
文例を参考にしつつ、自分の言葉でメッセージを考えれば、お相手に祝福の気持ちが届きやすいです。



祝電を送りるにあたって気をつけたいこと

知人や友人の様々な門出を祝い、何か形に残してあげたいと祝電を送りたいと考えたことがあります。
しかし、その時にはどうしたら祝電を送ることができるのかその方法が全くわかりませんでした。
わからないままどうしようと考えていたまま日にちが過ぎてしまい。
気付けば大切な日の前日になっていしまっていました。
祝電という電報なので、ファックスくらいのつもりでいたのが大間違いでした。
簡単に送ることができません。
それなりに時間を要することがわかりました。
しかも、どのようなものを送るかによって変わりますが、金額もそれなりにかかります。
お祝いの気持ちがあれば大したことないかもしれませんが、気軽に考えていると少し驚きます。
これからは、大切な知人や友人の門出をお祝いする際には、計画的に調べて気持ちのこもったものを作成して送りたいです。

次の記事へ

カテゴリー