お祝い用の電報-おすすめの電報会社比較

Home > 電報の豆知識 > 祝電はマナーを守って贈りましょう

祝電はマナーを守って贈りましょう

大切な人にお祝いの気持ちを届けたいときは、祝電を贈りましょう。
祝電は結婚式のお祝いはもちろんのこと、出産のお祝い、入学や卒業のお祝い、合格のお祝い、長寿のお祝いなど、さまざまなシーンで利用できます。
きちんとマナーを守って贈れば、祝福の気持ちをお相手にきちんと届けることが可能です。
特に初めて電報を贈る場合は、あらかじめマナーを勉強した上で申し込むようにしましょう。
基本的には、結婚披露宴や卒業、入学など、あらかじめ日程がわかっている場合は、当日に届けられるように少し早めに手配しておくと安心です。
また、電報を贈ることに慣れていない場合、どのようなメッセージにしたらいいか迷うことがあるかもしれません。
インターネットで文例集などを検索して、自分の気持ちの最も近い文例を参考にしつつ、自分らしいメッセージを考えてみるとよいでしょう。



祝電をネットから送ることが出来ます

結婚式などお祝いのメッセージを送る際に利用するのが祝電です。
この祝電はインターネットを使うととても簡単に利用することが出来ます。
最近は様々な種類のものが用意されており、台紙にメッセージを添えるものでもかなりたくさんのデザインのものから選ぶことが出来ますし、その他のものとしてはぬいぐるみと一緒にメッセージを添えたり、ブリザーブドフラワーと一緒にメッセージを添えたりと、様々な種類があります。
予算や好みに合わせて様々なものを選ぶことが出来ます。
祝電はあらかじめ日付を指定して送ることが出来るので、事前に手配しておくと便利です。
当日でも手配することも出来ますが、その際には何時までの受付だと当日に届けられるのかチェックしておくと安心です。
あらかじめ送りたい日が決まっている場合には事前に手配しておいたほうが安心です。



贈る祝電ごとのポイントに関して

祝電と一言で言っても、お祝い事は様々あるので、シーンごとに使い分けられるようにしてください。
まず、最も多く祝電を打つ機会があるのは、結婚です。
披露宴に出席できない場合や止むを得ず欠席するような場合には披露宴までに打ちます。
また、会社関係の人であっても、事務などをしている場合は打たなくてはいけない場合があります。
基本的に披露宴というのはあらかじめ日程がわかっているものになるので、早めに手配するようにしてください。
ポイントとしては式の中で披露されるものなので、きちんとした文章で送ることを忘れないようにしてください。
次に多いのは出産祝いの際です。
これは、お祝いをする側だけではなくて、例えば出産した側から両親や祖父母へベビー誕生の通知として送る場合もあります。
お祝いとして送る場合の宛先は基本は入院先もしくは帰省先の実家などです。

次の記事へ

カテゴリー