お祝い用の電報-おすすめの電報会社比較

Home > 電報の豆知識 > 祝電を贈るときのポイントを知りたい方へ

祝電を贈るときのポイントを知りたい方へ

 祝電を贈るときのポイントを知りたい方へお教えします。これは、おめでとうの気持ちを改めて伝える事が出来ます。出産のお祝いや長寿のお祝い、結婚のお祝いや合格や入学等の際です。また、昇進等で贈る方もいます。
 結婚の際に贈る場合、やむを得ず欠席する場合や会社などで祝電を贈る場合です。結婚の際に贈る場合、新郎あてなのか、新婦あてなのかをわかる様にしておきましょう。また、新婦あてに出す場合には旧姓でおくられても大丈夫です。贈るときは日にちや時間が分かっている場合は早めに手配をしておく事です。また、贈る文章は、電話帳に定型文もあるので参考にする事が出来ます。それをオペレーターに伝える事で簡単に出来ます。また、オリジナルの文章でも祝いの気持ちを伝える事が出来ます。結婚の場合には、遅くとも挙式の1時間前までに届くようにしておく事がポイントです。


 祝電を都市部なら短時間で配送可能

 都市部と地方では、受けられるサービスに差が付けられる場合があります。都市部の場合、交通網が発達しているので、移動をしたり、何かを届けたりするときにはより良いサービスが受けられます。地方だとどうしても時間がかかる場合があるでしょう。
 祝電のサービスの中に、都市部限定ながら便利なサービスを用意してくれているものがあります。依頼から数時間で配送してくれるサービスです。前日であれば翌日に配送してくれるなどはありますが、当日配送となると業者は限られます。忘れていて急いで送りたい、その日にお祝い事があることを知ったときにでも対応できます。通常時間がかかることが知られているので、きちんと届けばそのことを気にかけていたことが伝わります。相手に対する印象をよくすることができる可能性があります。地域が限定されるので注意しないといけません。


 食べることができる祝電を贈ってみる

 何かのお祝い、プレゼントとして食べ物を贈ることはあるでしょう。人気のあるスイーツであったり、フルーツなどを贈れば相手も喜んでくれるはずです。ただ、誰もが普通に送るような形だと目立ちません。少し変わった形にしたいと考えることもあるはずです。
 祝電を贈るとき、スイーツになっているものを贈ることを考えてみましょう。クッキーやチョコレートマシュマロタイプになっています。スイーツで文字が作られています。メッセージとスイーツを一度に送ることができるので一石二鳥といえるでしょう。残念なのは食べてしまうと無くなることでしょう。マシュマロタイプの場合、見た目もかわいらしく、永久保存したくなる人もいるはずです。でも食べないと傷んでしまいます。食べる前に写真などに遺しておけば、その様子を後から見ることができます。写真を付けてくれるタイプもあります。

次の記事へ

カテゴリー