お祝い用の電報-おすすめの電報会社比較

Home > 電報の豆知識 > 結婚式に祝電を送るにはどうすればいいか

結婚式に祝電を送るにはどうすればいいか

近年、連絡を取り合うときはメールや電話が主となっており、電報等打ったことがないという方も増えています。
しかし祝電・弔電という言葉もあるように、今でも冠婚葬祭の時は電報を利用するということも多いです。
電報なんて打ったことがないので、どうしたらいいかわからないという方も多いですが、近年はインターネットからの申し込みで簡単に利用することができます。
改まった文章を考えるのは苦手だという方には、例文もたくさん用意してあるので、もちろん心のこもったオリジナル文章を送るに越したことはありませんが、困った場合には文例集から引用しても大丈夫です。
近年の祝電は、メッセージカードで文章を送るだけではなく、ぬいぐるみを添えたり、お花を添えたりしてくれるサービスがあったりと、華やかになっています。
日頃利用しない分、特別感もあり、こうした改まった機会に送るという風習がまだ残っている訳です。



お祝いのメッセージは祝電で贈りましょう

祝電というと、おめでたいときに贈る電報として多くの方が利用していますよね。
とくに、結婚式なんかのときに利用するという方が多いかもしれません。
でも、お祝いの電報はもちろん結婚式以外にも便利なので、ぜひもっと身近な存在として利用してほしいとおもいます。
たとえば、お友達や離れて暮らす家族の誕生日、記念日、卒業式や入学式、成人式など、日常の中のおめでたい日にお祝いのメッセージを贈りたい時にピッタリです。
いつもはなかなか手紙などを贈る機会などがないという方も、こんなおめでたい時ならさりげなく贈ることができますよね。
可愛らしいキャラクターの電報もありますので、おじいちゃんやおばあちゃんからお孫さんの入学式や入園式などに贈っても喜ばれるでしょう。
一人暮らしをするお子さんへの成人のお祝いやお誕生日なんかにもピッタリです。



メールよりオフィシャルな祝電を送ろう

電子メールやテキストメッセージが盛んな今日この頃ですが、お祝いのメッセージなどは是非オフィシャルなスタイルでお送りしたいと考える方も多いことでしょう。
例えば結婚式やご高齢の方への年齢に関わるお祝い事、赤ちゃんのお誕生や何かの受賞といった、大変おめでたい際のお祝いメッセージは祝電を打つのがよい方法でしょう。
電報というと少し古い感じがするかもしれませんが、今のように即効性のある伝達手段がなかった昔は電報がいち早く相手に自分の気持ちを伝える手段だったといえます。
早い伝達手段のある現代から考えると、いかにもレトロとお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、普段とは違うオーソドックスな方法でお祝いのメッセージを頂くというのは、これはこれでとても心に残るお祝いのメッセージともいえます。
晴れの日には是非、このオーソドックスなスタイルで祝電するのも、温故知新でステキかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー