お祝い用の電報-おすすめの電報会社比較

Home > 電報の豆知識 > 結婚式を行う日に送る祝電の正しい方法

結婚式を行う日に送る祝電の正しい方法

祝電は結婚式の場で活用する電報となってます。申し込みは電話や郵便局でも出来ますが、インターネットを活用することで、選べる種類も豊富にありますので結婚式に出席出来ない方にはお勧め出来ます。料金の決済方法はネットからの申し込みですとクレジット払いが主ですが、携帯からの申し込みであれば携帯の料金と一緒に請求されることになります。
ぬいぐるみやオルゴール、花束と一緒になってるものもございますので、新郎新婦が喜びそうなものを選ぶことが大切です。
申し込みのタイミングでは、配達日の一か月前から、ほとんどの所で出来るようになってます。場所によっては時間指定出来ない所もありますし、早く申し込むことで割引を受けられることもございます。披露宴が午前中の場合は、届けてもらう時間帯としては午前では間に合わないので、前日に届けてもらうのが無難です。
午後の披露宴の場合でも、新郎新婦の準備もありますので、祝電の打ち合わせを考えて、最低でも一時間前には到着することが大切です。


祝電のメリットと送る際のマナー

改まったシーンで利用する電報ですが、現在では電報と共にギフトを贈ることができたりとサプライズとしても注目を集めています。
結婚式や誕生日といったおめでたいシーンでは、祝電を送ることで改まった祝いの気持ちを伝えることができます。しかしただ送るだけではなくマナーには十分注意しておかなくてはなりません。
電報は文字として残るものであり、マナー違反となる言葉を使ってしまっていると一生残る恥となってしまいます。
電報にはぬいぐるみや花束を共に贈ることが主流となっていることもあり、ギフト選びに力を入れるという人が大半です。
しかし基本的には文字を送るものであり、メインの文章が良い内容でなかったりマナー違反となってしまっては意味がありません。
どのようなものが良いのかを考える前に、文章をよく考えるようにしましょう。


祝電は台紙によって代金が大きく変わる

手紙を出すとき、封筒や便箋を使います。便箋はある程度種類を選べますが、封筒はあまり凝ったものを選ぶことはありません。
多少キャラクターが付いているぐらいでしょう。そのために文章力が重要になります。文章にしっかり気持ちを込めないといけません。文字の贈り物としては祝電があります。電話やインターネットを通じて注文をして届けてもらいます。こちらは、基本的には直筆の文字は送れません。また、定型文などがあるので、場合によっては内容がかぶることもあります。
それでも多少の差をつけたいでしょう。この時には台紙に凝るようにしてみましょう。手紙の封筒と異なり、かなり多くの種類があります。最もシンプルなのはただの紙です。
見た目では伝えられません。金箔をあしらったものなどかなり目立ちます。キャラクターものの台紙もあるので、喜んでもらいやすいです。

次の記事へ

カテゴリー